南インド古典舞踊バラタナティヤム

南インドのタミールナードゥ州で生まれたバラタナティヤムは、その源は古く、インドにおける代表的な舞踊である。ヒンズー教寺院の巫女(デヴァダシ)によって神にささげる踊りとしてパフォーマンスされ、その後、ダンサーたちは、マハラジャ(藩王)の宮殿のお抱えとなっていった。インドがイギリスの植民地となった頃、バラタナティヤムは一時衰退したが、その後、オリエンタルな文化として見直され、ショーアップされたものとなっていく。現在、インド国内だけでなく世界各国にダンサーがいるほど、インド文化の代表的な舞踊として親しまれている。

Bharatha Natyam

It is the traditional dance which as for Bharatha Natyam which is born in south Indian Tamilnadu state. By the shrine maiden of the Hindu temple, called "Devadasi" perform it was done as dance offering to God, after that, the dancers performed in the palace of Maharaj. In the period which India had become the English colony, Bharatha Natyam become decline temporarity, but after that it became to review as oriental culture. Presently it have become familiar as a typical dance in the Indian culture like that the dancer is not only in India but also all over the world.

グル・パランパラ=芸は、師匠から弟子へ、
  そして、またその弟子へと引き継がれていく

カンチプラム・エラパ・ムダリアー師

ウドゥピー・ラクシュミナラヤン師


エミ・マユーリ

ナーティヤ・マンジャリ・ジャパンへ

我が流派「カンチプラム・スタイル」は、南インド、タミールナードゥ州のカンチプラム出身のインド舞踊家カンチプラム・エラパ・ムダリア師が確立したとても伝統的な舞踊流派である。彼は、カルナータカ州のマイソール宮殿のお抱えミュージシャンの親族であり、ナットゥヴァンガムの名手。数々のバラタナティヤムのための曲を作曲し振付を行った。我が流派は、インド芸術のバイブル「ナーティヤ・シャーストラ」に忠実で、ダンサーは、複雑なリズムを踊り、力強さと優雅さを兼ね備えた踊りをする。そして、音楽とダンサーの動きの調和を大切にし、表現豊かな感情表現で観客を魅了する。

Kancheepuram Style

Our "Kancheepuram Style" is a very traditional dance style established by Guru Sri Kancheepuram Ellappa Mudaliar, who is from Kancheepuram in Tamilnadu state in India. He is a relative of musicians at Mysore Palace in Karnataka state and a great master of Nattuvangam also. He composed and choreographed a number of songs for Bharata Natyam. Our style is faithful to the Indian art bible "Natya Shastra", and the dancers dance the complex rhythm, and that dance combines strength and elegance. And we cherish the harmony between music and the movement of dancers, and attract audiences with expressive emotional expressions.

カンチプラム・エラパ・ムダリアー師